アーカイブ

占い師

上手く行かない事には必ず原因があるはずです

占い師は時として、相談者に学びを気付かせる事が出来る事があります。
それは、これまでの自分を見つめ直し、相談者自身が気づき、改善すると言う事になります。
占い師としてこれらを実践する場としては、どのようなシーンがあるのでしょうか。

上手くいかない事には必ず原因がある

占い師にとって相談される内容のほとんどは、恋愛や仕事、その他の様々な問題が上手くいかない、改善出来ないと言う事が多い事だろう。
上手くいかない事を上手くいくように導くのが占いの1つの役割でもあるわけだが、その為には相談者自身がその原因を受け止め、理解し、改善を試みなければならないのである。
yutyjtd
例えば、恋愛相談があったとして、恋愛が上手く進展しないとしよう。
恋愛が上手く行かない原因には、相談者自身にも原因がある可能性が高いのだ。
例えば、相手への理解が足りない、または無理解、コミュニケーションスキルの不足や不適切等が挙げられる。
こうした事は、日常生活の人間関係にも大きく影響する事であり、仕事が上手く行かない場合でもこうした原因がある場合も多いと言える。
こうした場合には、相談者の話を良く聞き、占い師は占いを展開しながら、相談者の日常を聞きだし、相談者が無意識に上手く行かない原因を作っていないのかを探ると言う事が大切になってくるのである。
比較的占い師にとっては高度なテクニックの部類に入るのだが、占いの鑑定結果にもこうした事が示される事が多いはずだ。
どのようなケースであっても、上手く行かない事には原因があり、相談者にも無意識のうちに原因となるような言動を取っている事があると言える。
そこを上手く改善へ導くのが占い師の腕の見せ所とも言えるのではないだろうか。
最近は占い師の数も増えてきていますが、カウンセラーも増えてきていると思います。
テレビ等のメディアで取り上げられる占い師やカウンセラーも良く見かけるようになり、その違いと言うものが良く分からない状態になっているとも思います。
占い師とカウンセラーはどのように違うのでしょうか。

カウンセラー

カウンセラーは、占い師と大きく分けると、癒しや温かさ、相談者の話を受け止めると言う役割があると言える。
かなりおおまかではあるが、直接的な相談者の悩みを解決すると言うのではなく、思いや気持ちを受け止める役割の方が大きいと言えるだろう。

占い師

占い師は、カウンセラーとは違い、相談者の悩みを解決すべく鑑定を行う事が基本的な役割だと言える。
もちろん、相談者の思いや気持ちを受け止める事もコミュニケーションスキルとしては必要になるのだが、1番の違いとしては、相談内容について解決へと導くと言う点にある。
相談者がどのような相談を持ちかけてきても、占いを行いその鑑定結果に基づき、今後どうしたら良いのか、どのような判断をすれば良いのか、カウンセラーに比べると具体的なアドバイスをする事が多いと思えるのだ。
こうした点がカウンセラーと占い師のおおまかな違いであり、決定的に違う部分でもある。

占い師にはカウンセリングの技術も重要

カウンセラーと占い師は前述したように違いがあるが、占い師にとってはカウンセリングの技術もあった方が良いものだ。
相談者の気持ちや思いを受け止めなければ、問題解決の糸口は見つからないからである。
売れる占い師になりたいなら、カウンセリングの技術も同時に修得しておくと良いだろう。おすすめの求人サイトはこちら⇒占い師募集 | 電話占いピュアリあなたの能力が必要です。
そうする事によって相談者にとってより身近な存在となれるだろう。

更新情報

2015-08-06
上手く行かない事には必ず原因があるはずですの情報を更新しました。
2015-08-03
インターネットで集客率のアップをする方法の情報を更新しました。
2015-08-03
占い師になるためにはの情報を更新しました。
2015-08-03
占い師は友達選びと同じの情報を更新しました。
2015-08-03
占い師は自分で選ぶことの情報を更新しました。
ページ上に戻る