• Home
  • カテゴリー: タブレットの高額買取

買取業者が教える買取してもらうときの注意点

タブレットが必要なくなったらみなさんどうしますか?ほとんどの方が買取をしてもらって、次の新しいタブレット代に使ったり、その他の使い方もあります。そんな買取をしてもらう際に注意しておくべきことを買取業者にきいてみました。しっかり理解しておけば問題はありません。

絶対条件的なこと、初期化

これはもう定番です。初期化を行っていないタブレットは買取できないとなる場合があります。個人情報の関係もあり店舗によっては、扱いができない初期化ができないとなります。初期化の方法は教えてもらえますが自分で行う必要があるのです。
初期化はそんなに難しいことではありません。調べると手順もでてきますし、買取の店舗でも教えてくれます。ここは、しっかり初期化して買取にきたお客様の方がお店側もいい気分になります。買取店によっては、初期化されてないと買取価格が下がることもあります。

ノーマルではないもの

買取が完全にできなものが、改造です。液晶などその他の改造が認められた場合は買取できません。ノーマルではないものに盗難品も含まれます。これは、特殊な方法でわかります。AppleStoreなどでの修理の場合は買取が可能です。しかし、認可をうけてない修理などを行っている場合は買取ができない場合があります。
その他、本人以外の方がタブレットをもって来られても買取ができません。買取業者の中には家族がでも買取できない場合もあります。

さっさと終わらせたい方は

店舗で動作確認などのチェックを行います。その時に充電が十分でないと充電してからの作業になり時間がかかることになります。その他、きれいにしてもっていくことです。ここもとても大事なことです。査定や買取の価格を決めるときにポイントにもなりますし、スムーズに終わるポイントでもあります。

手軽に簡単にタブレットを売る方法

必要なくなったタブレットがあって、どうするか迷っていませんか?調べてみると、高額買取りだとか、下取りだとかなんだか面倒な気がしてきてイヤになってきませんか?そんな方のためにスムーズにできる買取を紹介いたします。

ネットで買取業者を探す。

面倒ですが、約1分で出来ます。
ネットで業者を3社ほど探します。タブレット買取業者で検索して上から順番に出てくる業者でかまいません。検索でヒットして上に出てくるというだけで信用があります。だから、その他の業者を探す必要はありません。

各業者のサイトでタブレットの買取につての説明や手続き、査定などを行います。ここでよく分からないなどでスムーズに行かない場合はその業者のサイトは閉じて次のサイトです。
所要時間3分です。3分以上かかる場合は別の業者にしましょう。

検索して5分以内に、買取り価格や手続き、詳細が分からない業者は使わない方が面倒が少なくてすみます。

決まったらだいたい同じなので。

優秀な買取サイトのほとんどはこれなので紹介しておきます。

  1. タブレットの充電をして送ることです。充電してない場合は買取ができないこともあります。
  2. 初期化をしておくことです。個人情報やパスコードロックなどがあると、買取できません。
  3. ICアプリの初期化が必要です。これもやってないと買取ができないことがあります。
  4. 端末ロックや遠隔ロックなどの設定を解除する必要があります。
  5. 一部のSNSでは端末製造番号でログインしている場合があります。これも解除しておく必要があります。
  6. カバー、液晶のフィルムなどは取り外しておきます。

要するに買った時の状態にしておくことなのです。
この状態にしておけばまったく問題はありません。買取が出来ないだとか、減額になるだとかの面倒なやりとりはありません。

タブレットを高額買取してもらいたい

みんな考えることは同じです。高く売りたいし、安く買いたい。どちらも儲かりたいということはみんな同じです。次のタブレットを買うための資金にしたり、使い方はいろいろです。高く買取ってもらうにはどんなことに注意しておけばいいかお伝えいたします。

高く売れるのはどこ?

どこが高く買取りしてくれるかというと、オークションになります。その他の買取はある程度価格が決まっていて、変動はありません。新品同様でも、使用していてそんなに変わらないことがあります。しかし、オークションの場合、買取価格を大きく上回る場合はよくあります。オークションは業者だけでなく個人の方も参加できます。全世界に発信されるオークションもあります。買い手が大勢いるわけです。ですから、オークションですので価格が上がることは十分にあります。新品同様のものと、使用感があるものとでは、大きく価格が変わります。買取の場合にはないことです。

しかし、リスクもある

オークションの場合、高額になる場合もおおいにありますが、その逆もありえます。買取での価格以下になることもあります。それは、商品の説明や写真などがみにくかったり、こまかいところまで記載がなかったりする場合、問い合わせなどに応じなかったりなどが考えれます。また、オークションが終了するまで待つ必要があります。買取ならそこで決まればすぐに現金になります。オークションの場合、落札されるまでの期間、そのあと発送、などの手間で1日ではできないことがほとんです。
オークションは高く売れることもありますが、手間と時間がかかり、まったく売れないというリスクがあるということです。

高額買取りを狙っているのであれば、このような手間は仕方がないことともいえます。それだけの手間とリスクがあるから高額になります。それがいやなら、買取や下取りにすることになります。ここなら価格は一定なのでリスクは少なくなります。

タブレットを売る前に考えることは?

新作がどんどん出てくるタブレットですが、まだ買ったばかりで全然きれいで使えるけどやっぱり新しいもタブレットがいいと思うものです。新作のタブレットは機能も新しくなっていてデザインも違います。ほんの少しの違いですが、ここがいいところでもあります。そんな時に新しいタブレットに変えるためにちょっとしたテクニックがあります。

新作を使う方がいい

やっぱり新しいタブレットの方が便利に使うことができます。通信速度などその他のいろいろなストレスもなく作業ができます。最先端の技術を常に触れておくべきです。そんな時に以前使っていたタブレットが問題です。これをどうするか?まだまだ新しいタブレットなら高額で買取が可能です。2年から3年前のタブレットでも人気がありますので買取は可能です。それ以前のもっと前のタブレットでも買取を行ってくれる業者もいます。新しいタブレットに変えるときの古いタブレットの売り方には、タブレットの状態によって違います。ここを抑えておけば、スムーズに買取してもらうことができます。

情報収集は絶対必要です

買取を行ってもらう上で、絶対に必要情報があります。それを知らないと、損をすることになります。騙されたという悲しい結果になることがあります。もっと高く買取りしてもらえるところがあったのに、そんな情報を知らないことで損をしてしまうということはよくあることです。ですから、今もっているタブレットがいくらで販売されているのかなど、中古市場を知ることからです。知っていると、数万円違うこともありえる話です。
方法はかんたんです。ネットで査定ができます。いろいろな業者が査定ができるようになっていますので、何度か試してみることです。その他、問い合わせてみてタブレットの詳細を伝えるだけでおおよその買取金額を知ることができます。これで比較ができます。これが、タブレットを売るまえに考えるべき重要なことになります。

タブレットの下取りと買取どっちがいい?

新しく買い替えを考える時、今まで使っていたタブレットをどうするか考えますね。そのまま持っていても使うことないので下取りか買取を考えることでしょう。そんな時、どちらにするか迷ってしまいます。ここでは、下取りと買取についてご紹介いたします。

下取りとは?

使っていたタブレットを引き取ってもらって、新しいタブレットを値引きしてもらうことになります。新しいタブレットが通常価格より値引きなり安く手に入ることになります。
しかし、下取りが出来ない場合があります。まず、完全に下取りができない状態は、電源が入らない状態です。
その他、電源は入っても正常に機能しない場合です。画面が割れている場合も下取りはできない場合があります。
まだまだ新しいタブレットの場合は下取りをしてもらって、値引きしてもらうことの方がお得です。手間もかからないし簡単です。

買取とは?

中古買取店舗やネットでの買取は、下取りに比べるとNGになることは少ないものです。しかし、それでも完全に無理なのは、水没したホームボタンなどが効かないものは買取もできません。下取りでだめだった、液晶が割れていることくらいなら買取してくれます。買取の場合、動いて使えればOKなのです。価格はそこで変動しますが買取をしてくれます。下取りもいいのですが、買取してもらった方がお得な場合があります。人気の色などでは買取の方が断然お得なこともあります。下取りの場合の価格と中古買取店舗での価格の比較をしてみることです。買取の場合は、現金が手に入ることになりますので、その現金の使い方はいろいろです。下取りの場合は現金がもらえるわけではありません。そのかわり新しくなるタブレットの価格から値引きされます。どちらがお得かは比較検討が必要です。

どちらにしてもその時のタブレットの一般的な価格と状態によってどちらがいいか変わってきます。そこを見極めて決めることになります。